再開のとき

きっと待ってくれている人が居る。

「養之如春」

(これを養う春の如し)

何事であれ、もの事を為すには、春の陽光が植物を育てるように。

この言葉を胸に刻み

「花と過ごすやわらかな時間」第2章始めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です