全て流れて

大量の雨が向かいの家の屋根を叩きつける光景を
無音の部屋の中ひとり眺めて思うこと
「どうしてこんなことになってしまったの?」
悲しみの感情が、突然に降ってくる

この豪雨と一緒にウイルスも遥か彼方へ流れていけばいいのに

全人類が参加しているウイルスとの戦い
数年後にこの日々を振り返った時に、みんなで肩を叩き合って
よくがんばったと、讃えあいたい

石田ゆりこさんのメッセージが胸に響き涙してしまう

今ある試練をみんなで乗り越えて
とびきりの夏を迎えたい

今年もたくさんの人の悲しみを受け止めてくれてありがとう。

2020年 4月13日 月曜日

Heartwarming

神戸から温もり便が届いた。
便りの中味は、わたしがずっとし続けていたピンクのムスカリ。
ムスカリは器用に断裁されたペトボトルに丁寧に鎮座していた。
その姿を見るだけで彼女の植物に対する愛情が容易に見て取れる。

追い求めていたムスカリが手元に来た事の嬉しさもあるけれど、彼女の温かく優しい気持ちが本当に嬉しくて涙が溢れました。

彼女とは花を通じて知り合ったけど、まだ一度も会った事はない。

早く恩返しをしに行きたいと心がはやる。

大切に大切に育てるね。

ありがとう。

わたしの好きなじかん

部屋の片隅にあった缶をリメイクしたら思いの外可愛いくなった

バードゲージを置けるほどのスペースがない我が家のベランダ

ならばと、ずっととっておいたお菓子の缶をバードゲージ風にDIY

ありあわせにしてはいい感じ

植物に触れて楽しんで魂を磨く

道くさ

暖かな日差しに寒さが緩むころ
ふと目を向けた足元の小さな花に
温かな気持ちになったことはありませんか
道端に咲く花は冬の間も根を張り、わたしたちの側に居ます
いつも通る道にも季節ごとの風景があります
時には足を止め道くさをするのも良いものです

おめでとう。

またひとつ年を重ね
悔しかったこと、悲しかったこと、辛かったこと、嬉しかったこと、楽しかったこと、たくさんの出来事を乗り越えてきたよね。がんばったね、わたし。これからの人生も、いろんな出来事が待ち受けているに違いない。
でもきっと、わたしは、藻掻きながらも乗り越えていくんだと思う。

頑張ろうね、わたし。

おめでとう。わたし。

旅こそ人生

人のため、誰かのために費やしてきた時間
其れは彼女が蒔いてきた種
全ての種が芽吹き、花を咲かせ、実を付けることはなくとも
大切なのは「種を蒔いてきた」事実
事実は経験となり宝になります
故に無駄な経験などひとつも無いのです

これからは時間を友として、旅をするように人生を歩んで欲しい
そう思える人生の先輩と関われた事に感謝致します

No.4 無垢

人は笑顔の時こそが
無垢な瞬間ではないでしょうか
どうぞたくさん咲ってください
あなたが咲えばみんな幸せ
何よりも
あなたがいちばん幸せ